エストロゲンとは?どんな作用がある?減ると更年期障害が始まる?

【医師監修】エストロゲンとは、どんな女性ホルモンでどんな作用があるのでしょうか。エストロゲンが減ると更年期障害が始まるのでしょうか。妊娠・出産にも深く関わっているというエストロゲンについて、ドクターの助言を交えて説明します。妊活中の方はぜひ参考にしてください。

専門家監修 | 産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. そもそもエストロゲンとは?
  2. エストロゲンの分泌の仕組みについて
  3. エストロゲンがもたらす作用とは
  4. エストロゲンが減るとどうなる?
  5. エストロゲンの減少は更年期障害に関係
  6. エストロゲンが増えすぎた時の副作用
  7. 女性にとって重要なエストロゲン

(エストロゲンと更年期障害の関係については以下の記事も参考にしてみてください)

エストロゲンとは?どんな作用がある?減ると更年期障害が始まる?

エストロゲンが増えすぎた時の副作用

女性にとって必要なエストロゲンですが、分泌量が多ければ多いほど良いかというと違います。

最近ではエストロゲン成分入りのホルモン剤やサプリメントが販売されています。こうしたサプリメントなどによるエストロゲンの過剰摂取は下腹部の痛みや乳房の張りなどを引き起こす恐れがあります。また、長期間過剰摂取を続けた場合、子宮内膜が増殖してしまい、子宮体癌(がん)の発生のリスクが高まるともいわれています。

子宮筋腫もエストロゲンが多く分泌されると悪化する原因になります。プロゲステロンはエストロゲンの暴走を食い止めるといわれており、子宮筋腫の成長を抑制しているのではと考えられているのです。エストロゲンが大量に分泌されると、プロゲステロンの働きが弱くなり、子宮筋腫が悪化するとされています。

サプリメントは良いことばかりではありません。子宮などへの副作用もあります。使用上の注意をよく読み、決められた分量を摂取しましょう。また、ホルモン剤は必ず産婦人科の医師の指示に従って使用するようにしましょう。

(ホルモン剤による副作用については以下の記事も参考にしてください)

プラノバールの副作用は?吐き気などの症状が?対策と注意点!実体験も

女性にとって重要なエストロゲン

エストロゲンは、妊娠・出産はもちろん、美容面でも健康面でも女性に様々な作用をもたらしています。生理周期や年齢などで起こる身体の変化や精神の浮き沈みもエストロゲンが大きく関係しています。基礎体温などからもエストロゲンの作用が関連しているかどうかが分かりますが、必ずしも今の体調の変化がエストロゲンの作用とは限りません。

妊娠を希望する女性や更年期障害の疑いがある人で、もし不調が続くようであれば、医師に相談することをおすすめします。くれぐれも自己診断でエストロゲンを過剰摂取したばかりに、症状が悪化したなんていうことにはならないようにしてください。

関連する記事