プラノバールの副作用は?吐き気などの症状が?対策と注意点!実体験も

【医師監修】プラノバールは女性ホルモンに働きかける薬です。しかしプラノバールの服用には吐き気や太る、腹痛があるなど副作用の体験談をもつ人が多く見られます。吐き気をはじめとしたプラノバールの副作用の症状、また対策と注意点をみんなの実体験を交えながら紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 島袋史
ゆいクリニック(沖縄市)院長。琉球大学医学部卒業。「生まれてからもずっと結ばれていたい」という母と子の想いに応えることが出来るような、祝福に満ちた場を創りたいという想いの下、...
ゆいクリニック(沖縄市)院長。琉球大学医学部卒業。「生まれてからもずっと結ばれていたい」という母と子の想いに応えることが出来るような、祝福に満ちた場を創りたいという想いの下、 ゆいクリニック院長として勤めています。

病院HPはこちら

目次

  1. プラノバールってどんな薬?
  2. プラノバールにはどんな副作用がある?
  3. プラノバールの副作用による吐き気対策
  4. プラノバールの服用の注意点
  5. 吐き気などプラノバールの副作用の体験談
  6. 吐き気などつらい副作用は医師に相談し正しく飲もう

プラノバールってどんな薬?

プラノバールの成分には黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあります。プラノバールはこれらを補充しホルモンバランスを整えて、症状を改善する薬です。プラノバールは生理不順はもちろん重い生理痛や生理の出血量など、様々な女性特有の病気や悩みの症状に効果があります。

病院で処方される女性のためのホルモン剤で、避妊目的のピルとして処方されることもあるでしょう。(※1)

生理をコントロールできる

プラノバールは女性ホルモンを補充することで生理周期をコントロールすることができ、不妊治療中に処方されることも多い薬です。生理不順など生理のトラブルには、妊娠に向けて生理周期と卵巣の機能を整えることができます。

プラノバールは不妊治療目的以外に病気の治療にも使われる薬です。病気の場合は子宮内膜症や月経困難症など女性特有の病気の時に処方されます。(※2)(※3)

先輩ママ(妊活経験あり)

30代

若い時から生理不順に悩まされていました。そのため不妊治療を始めたときにはプラノバールを処方され、生理周期をコントロールすることからスタートしました。

女性

20代

生理が長引き、何か病気ではないかと受診したところプラノバールを処方されました。ホルモンの働きが悪かったことが原因だったようで、プラノバールを飲み始めると生理が終わり周期が整いました。

(不妊治療や、不妊治療で使われる他の薬については以下の記事も参考にしてみてください)

不妊治療とは?治療の流れは?気になる治療費や病院の選び方!
ルトラールはどんな薬?不妊治療で絶大な効果!飲み方は?

避妊目的にピルとしても

プラノバールはピルとしても処方されます。中容量ピルと言って、成分に女性ホルモンが多く含まれる種類のピルです。避妊目的に処方されるピルの多くは低容量ピルですが、プラノバールなどの中容量ピルは低容量ピルよりも副作用のリスクが高くなります。そのため同じピルでも、避妊用のピルとして処方されることはあまりありません。

プラノバールは主にアフターピルとして使われます。アフターピルとは避妊手段を取れなかった性行為後に中容量ピルを服用することで、着床を防ぎ妊娠を避ける緊急時の対処法です。(※4)

プラノバールにはどんな副作用がある?

プラノバールは病気の治療や生理周期を整える薬ですが、副作用の症状に悩む人も少なくはありません。

●吐き気
●腹痛
●不正出血
●過食
●血栓症

プラノバールの服用でこのような副作用があることも。プラノバールの副作用について詳しくご説明します。

プラノバールの副作用で吐き気を感じる人が多い

関連する記事