生理で鮮血が…!不正出血?色や量の目安は?原因と対処法!

【医師監修】生理で鮮血が出ると心配になりませんか?生理中に出る鮮血は不正出血なのでしょうか。ここでは不正出血や生理中の鮮血について、病気が疑われる色や量の目安はどのくらいなのか、また、生理で鮮血が出る原因や対処法についても解説します。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 生理で鮮血!
  2. 生理中の鮮血は不正出血なの?
  3. 注意すべき生理の鮮血の色や量の目安は?
  4. 生理で鮮血が出る原因
  5. 生理で鮮血が出た場合の対処法
  6. 原因を突き止めることが大事!基礎体温は習慣に

無排卵月経

無排卵月経は機能性子宮出血のひとつで、排卵が起こっていないのに生理の時期に経血のような出血が起こることです。無排卵月経の出血も個人差は大きいですが、サラサラの鮮血が出ることもあります。生理の期間が長かったり周期が不規則だったりすることも多いですが、大量というほど量が多いことはまれなようです。

(無排卵月経については以下の記事も参考にしてみてください)

無排卵月経とは?特徴や原因!生理が来てても排卵してない可能性あり!

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが原因で鮮血が出ることもあります。例えば、黄体ホルモンがうまく働かなくなる黄体機能不全(おうたいきのうふぜん)も機能性子宮出血かつ不正出血のひとつで、生理前に出血が続くことから生理と間違えやすい症状です。

黄体機能不全になると子宮内膜をしっかりと厚いまま保つことができなくなり、生理前からダラダラ出血が続きます。そのため普通の生理期間が長いように感じることがあり、サラサラの鮮血が出る人も。大量の出血があることはあまりないようです。

増田陽子

内科医

個人差がありますが、ホルモンバランスがおかしい場合には、出血だけでなく、倦怠感や腰痛、腹痛など様々な症状が出ます。

子宮などの病気

子宮筋腫やポリープ、子宮内膜炎、各種腫瘍やガンなど鮮血は子宮の病気のサインの可能性もあります。子宮の病気は良性のものもありますが「鮮血でも大量ではないから」というような理由での自己判断は禁物です。

外傷

激しい性行為などが原因で膣や子宮についた傷も、鮮血の原因になります。ただしこちらも「本当に外傷なのか」「外傷ならどこの部分が傷ついているのか」など自分で判断するのは難しいもの。自己判断には頼らず病院で診察してもらいましょう。

生理で鮮血が出た場合の対処法

生理で鮮血が出るとほとんどの人が驚いてしまいますよね。しかし「不正出血なのかな?」と思いつつ見過ごしてしまう人が多いのも事実です。生理で鮮血が出たらどのように対処するのが望ましいのでしょうか。

基礎体温をつける

鮮血の原因を突き止めるためには基礎体温が有効です。基礎体温をつけることで鮮血が不正出血なのか生理の経血なのかを見分けやすくなり、排卵出血や妊娠のサインである着床出血についても判断がしやすくなります。また、高温期が続く期間を確認することでホルモンバランスの乱れや無排卵月経を見つける参考にもなるので、ぜひ記録を取るようにしましょう。

基礎体温だけで全て判断できるわけではありませんが、妊娠を望む場合や逆に避妊を目的とする場合以外でも自分のホルモンバランスが整っているかを知っておくことは大切です。基礎体温はもっとも手軽に自分の女性周期を知ることができる手段のため、アプリなども活用して習慣づけるようにしましょう。

増田陽子

内科医

不安になった時にはまず産婦人科を受診しましょう。躊躇しているとドンドン病状が進んでしまう病気もあります。先ずは異常がないかだけ調べてもらいましょう。

早めに受診する

関連する記事