新生児のミルクの量は?新生児がむせるときの対策・注意点とは?

【医師監修】新生児がミルクでむせるのはどうして?原因を紹介します。新生児のミルクの量・回数を【生後1週間】【生後2週間】【生後3.4週間】に分けて紹介するほか、新生児にミルクを上げる時のコツ、対策、注意点なども紹介していきますよ。

専門家監修 | 小児科医 富田規彦
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。...
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。 少しでも多くの方達に正しい情報をお届けしたいと考えております。 富田こどもクリニックHP

目次

  1. 新生児がミルクでむせる!原因6選
  2. 新生児のミルクの量・回数ってどのくらい?
  3. 新生児のミルクの量・回数【生後1週間】
  4. 新生児のミルクの量・回数【生後2週間】
  5. 新生児のミルクの量・回数【生後3.4週間】
  6. 新生児の赤ちゃんにミルクをあげる時のコツ3選
  7. 新生児のミルクの量の計算方法とは
  8. 新生児がミルクを飲んでむせるときの対策3選
  9. 新生児がミルクを飲んでむせるときの注意点は
  10. 新生児がミルクでむせる…病気の可能性はある?
  11. 新生児がミルクを飲んでむせるときもあわてずに

新生児がミルクでむせる!原因6選

新生児の赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませる際、産院などで教わった通りに飲ませていてもむせてしまうことがあります。むせることが多いと心配になりますね。以下にその原因を紹介していきます。

(新生児の授乳時間については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児の授乳時間の目安を知りたい!時間が長い原因と対策は?

1. 新生児がむせる原因【母乳やミルクの量】

まず考えられるのは、一回にあげる「母乳やミルクの量」です。新生児は満腹中枢が未発達なので、お腹がいっぱいで苦しくても吐くまで飲んでしまうことがあります。

2. 新生児がむせる原因【胃の形状】

新生児の胃はとっくりのような形をしており、胃に入ったものが出やすくなっています。そのため少ない量の母乳やミルクでも、胃の辺りを圧迫してしまうと吐きやすくなり、むせる原因になります。

3. 新生児がむせる原因【うまく飲めない】

新生児はまだ母乳やミルクを飲むことに慣れていません。吸った時の母乳やミルクの出る勢いが分からず、気管に入って咳きこむことがあります。特に肺に入ると肺炎の可能性も出てくるため、危険です。母乳の場合は、出始めが最も勢いが良いので、授乳前に少し絞っておくと赤ちゃんが吸いやすくなります。

4. 新生児がむせる原因【泣く】

お腹がすいて泣くあまり、目の前のおっぱいやミルクが上手く飲めないことがあります。これも、赤ちゃんがむせる・吐く原因です。一度落ち着かせ、泣き止んでから飲ませましょう。

5. 新生児がむせる原因【飲ませる態勢】

寝ている態勢でペットボトルの飲み物を飲もうとしたら、大人でもむせてしまいますね。赤ちゃんも同じで、頭の位置が低すぎるとうまくミルクを飲むことができません。むせるだけでなく、ミルクを吐くこともあります。

6. 新生児がむせる原因【眠い】

赤ちゃんが乳首をくわえながらウトウトしていたら、意識が飲む方に向いていません。本人の飲む準備ができていないので上手に飲めずにむせてしまいます。

関連する記事