産後は妊娠しやすい?生理前でも妊娠する?妊活はいつから?体験談多数!

【医師監修】産後は妊娠しやすいって本当?出産後、生理の前に妊娠をすることも?授乳中に生理が来たのはなぜ?など、体験談を交えつつママの疑問にお答えしていきます。「産後の妊活はいつから始めてOK?」という事や、出産後すぐに妊娠したいママができる事なども紹介していきますので、参考にして下さいね。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 産後は妊娠しやすいって本当?
  2. 「産後は妊娠しにくい」という説もある?
  3. 産後の排卵時期はホルモンバランス次第?
  4. 出産後、生理の前に妊娠することもある?
  5. 産後、授乳中に生理が…どうして?
  6. 妊活したい!産後いつからOK?
  7. 次の赤ちゃんを妊娠しやすくするためにできる事
  8. 赤ちゃんを出産した後にすぐ妊娠したママの体験談
  9. 産後のママ…まずは体を大切に

産後は妊娠しやすいって本当?

「出産後すぐに妊娠した」「生理もまだだし避妊しないで夫婦生活をしたら、体調の異変を感じてあせった」という話を聞いたことはありませんか?

先輩ママ

20代

産後は妊娠しやすいって聞いてたから、生理が来なくてあせった。でも妊娠してないって分かってひと安心。

このような体験をする先輩ママは意外と多いです。ママ友同士の会話の中でも「出産後は妊娠しやすい」というフレーズはよく出ています。すぐに2人目、3人目を授かりたいママには吉報のようにも思えますが、本当に出産後は妊娠しやすいのでしょうか。

出産後は妊娠しやすい説の根拠は?

Mowmow-babyさん(@mowmow.baby)がシェアした投稿 -

「産後は妊娠しやすい」という噂の根拠として多いのが「子宮がきれいになっているから」という意見です。「出産はデトックス」といわれるように、体内が一掃されるイメージがあるためでしょう。きれいな子宮なら着床の確率が高いと思う方もいるかもしれませんが、残念ながら医学的な根拠はありません。

ママの子宮や骨盤には出産で大きな負担がかかっています。まずはしっかり子宮を休ませることが、次の赤ちゃんを妊娠しやすい体づくりの第一歩です。

カズヤ先生

産婦人科医

産後は妊娠しやすいは、事実の一面があります。 それは基礎疾患として子宮内膜症を持っていた妊婦さんの場合です。 子宮内膜症では腹腔内に癒着が多々あり、卵管が閉塞していることもあります。 その場合、自然妊娠は期待できず、体外受精となるのですが、子宮内膜症は月経が停止している期間に改善します。 妊娠出産を経た場合、約1年以上、月経が来ない期間があり、その間に内膜症は改善し閉塞していた卵管が疎通し、自然妊娠した、というケースがあるのです。

「産後は妊娠しにくい」という説もある?

反対に「産後は妊娠しない」というのも、よく耳にしませんか?実はこちらが正しい情報です。妊娠しにくいのはホルモンバランスによるもので、出産後のママの体を労わるためのしくみともいえるでしょう。なぜ出産後は妊娠しにくいのか、この章で詳しく説明します。

(ホルモンバランスについては以下の記事も参考にしてみてください)

不正出血はストレスが原因?ホルモンバランスの乱れが影響している?

排卵は出産後しばらく抑えられる

出産後に妊娠しない理由は「産後すぐには排卵しない」からです。妊娠中に止まっていた排卵は出産後もしばらくの期間おさえられ、月経も止まります。卵子がなければ受精もしないので、夫婦生活があっても妊娠しないというわけです。ただし、いつから排卵が再開するかは人それぞれなので注意しましょう。

出産後に妊娠しない理由はホルモン「プロラクチン」

出産後に排卵が起きず妊娠しない理由は「プロラクチン」というホルモンが分泌されているからです。産後のプロラクチンの働きは、大きくわけて「母乳が出るようにする」「排卵を抑制する」のふたつがあります(※1)。

出産後の女性の体は授乳できるように変化します。これを引き起こすホルモンが「プロラクチン」で、赤ちゃんが母乳を吸うことで分泌が促進されます。授乳の回数が多くプロラクチンの分泌量が多いうちは、排卵が起きず月経もありません。出産後しばらくはプロラクチンの分泌が多いので、妊娠・出産で負担のかかった子宮や骨盤を回復させることができます。

産後の排卵時期はホルモンバランス次第?

関連する記事