母乳育児は大変?メリットや先輩ママたちの乗り越え方!体験談多数

【医師監修】赤ちゃんとの大事なスキンシップにもなる授乳の時間。「赤ちゃんはなるべく母乳で育てたい!」と思っているママも多いですよね。そこで今回は、母乳育児のメリットや大変なことなど、母乳育児の乗り越え方を、先輩ママたちの体験談と共にご説明します。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 母乳育児って?
  2. 母乳育児の洗礼…5選
  3. 母乳育児のメリットは?
  4. 母乳育児のデメリットは?
  5. 母乳育児を乗り越えるコツ4選
  6. 母乳育児をしたい…産後すぐに出るようになるの?
  7. 母乳育児をしたい…スムーズに始めるポイントは?
  8. 母乳育児をしたい…母乳の質を上げるポイントは?
  9. 母乳が足りているかを確かめる方法は?
  10. 母乳育児のここが大変だった!先輩ママの体験談
  11. 母乳育児を成功させるために、妊娠中からできる事
  12. 母乳育児を成功させよう!

母乳育児って?

妊娠中や出産直後のママで「母乳育児をしたい」と思う人は多いでしょう。今回はそんな母乳育児について説明します。

完全母乳育児

授乳方法には「母乳のみ」「母乳とミルクの混合」「ミルクのみ」の3種類があります。「完全母乳育児」とは、赤ちゃんを母乳のみで育てる方法のことです(※1)。出産後、半数のママが完全母乳育児をしています。

母乳育児の洗礼…5選

母乳育児を始めると、理想の母乳育児とのギャップに「辛い」と感じることもあります。

1.母乳育児の洗礼【肩こりが辛い】

赤ちゃんにおっぱいを上手く飲ませようと、ママは赤ちゃんの様子を見てうつむきながら授乳します。慣れない辛い姿勢からくる肩こりに悩まされるママは多いでしょう。

2.母乳育児の洗礼【寝不足】

最初は赤ちゃんが欲しがるたびに何度も授乳する「頻回授乳」が不可欠です。産後の疲れを取る暇もなく夜中も起きて授乳するので、ママは寝不足でしんどい思いをするでしょう。

(新生児の授乳については以下の記事も参考にしてみて下さい)

新生児の授乳時間の目安を知りたい!時間が長い原因と対策は?

3.母乳育児の洗礼【乳首が切れる】

特に初めての母乳育児の場合、頻回授乳のせいで乳首が切れて痛みを感じることもあります。痛くて授乳が辛い時はニップルシールドなどを利用すれば悩みも軽減されるでしょう。

4.母乳育児の洗礼【おっぱいが張る】

最初のうちは赤ちゃんの飲む量と母乳の量に差があることも多いでしょう。赤ちゃんが飲みきれず、母乳でおっぱいが固く張って痛みを感じることもあります。

関連する記事