排卵日検査薬!通販で購入可能なおすすめ7選!使い方や値段比較

排卵日がいつか分からない、排卵日の何日前が妊娠のチャンスなの?初めて検査薬を使用する方のために
検査薬の種類や、薬店では購入が心配な方へ向けて通販サイトで簡単購入方法や、通販での購入の注意点など、AKANBOがおすすめ排卵日検査薬7選を紹介します。

目次

  1. 排卵検査薬で排卵日を特定できる? 〜妊娠の確率を上げる為に〜
  2. 排卵検査薬の仕組み!排卵日とLHホルモン値の関係性って?
  3. 排卵日検査日は通販で購入できるの?
  4. AKANBOがおすすめ通販購入排卵日検査薬7選を紹介!
  5. 排卵日検査薬の種類と価格について
  6. おすすめ!通販でも購入できる人気NO1のドゥーテスト
  7. 排卵日検査薬の正しい使用方法
  8. 排卵日検査薬の使用の注意点
  9. 自分に合った検査薬を見つけよう

排卵検査薬で排卵日を特定できる? 〜妊娠の確率を上げる為に〜

赤ちゃんが欲しい!と妊娠を望む夫婦にとってまずは妊娠のタイミングの前に排卵しているかどうか気になる女性も多いはずです。妊娠の確率をあげるためにまずは、妊娠はどのようにして起こるのかを知っておく必要があります。通常、健康な男性と女性が排卵日を狙って性行為をし、排卵した卵子に精子がたどり着いて結びついてから起こります。

まずは排卵のタイミングや精子が卵子までたどり着けるかどうかそのタイミングで妊娠が成立するかを判断します。また妊娠の確率も人によって様々です。助産師からのよく聞く話ですが、女性で多い冷え性は妊娠するのには大敵です。なぜなら冷え性=子宮の中も冷たい。子宮が冷たいと赤ちゃんが居心地が悪くなかなか育ちにくいと言います。妊娠の確率をあげるためにも身体は暖かくしておくというのも重要です。

その中でもっと詳しく排卵日を予測したい!簡単に自宅で予測できる排卵日検査薬についてご紹介します!

(排卵について詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。)

排卵とは?症状はある?排卵と妊娠の関係性・仕組みについて知ろう!

排卵検査薬の仕組み!排卵日とLHホルモン値の関係性って?

出典:https://www.pinterest.jp/pin/639863059553536470/

LHホルモンとは、「黄体形成ホルモン」のことを言います。卵巣を刺激するホルモンには2つあり、「黄体形成ホルモンLH」と「卵胞刺激ホルモンFSH」があります。このホルモンが基準値を外れると卵子の成熟から排卵までうまくいかなくなり、排卵障害や卵胞が育ったとしてもLHサージが起きず排卵しない無排卵月経などの不妊症や月経異常が起こります。LHサージは排卵スイッチみたいなものです。

このLHサージを検知することにより排卵日を予測することができるのです。そのため、妊娠の確率が高いと思われる排卵日の予測にはLHホルモン濃度も重要となってきます。この排卵日の予測は「排卵日検査薬」で簡単に予測することができ、検査薬で陽性になった時に性行為を行うことにより、妊娠する可能性が非常に高くなります。

(排卵検査薬について、詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。)

排卵検査薬で妊娠しやすいタイミングを知ろう!いつから使う?陽性が出たら?

排卵日検査日は通販で購入できるの?

排卵日検査薬は以前までは「一般用医薬品」とされてきましたが、薬機法(旧:薬事法)改正により、「薬局医薬品」に変わっています。薬局で簡単に購入できるものもあれば、処方箋が必要な場合もあります。しかし、現在ではネット通販でも購入できるものもあるんですね。その購入方法についてご紹介します!

実は排卵日検査薬は通販で購入するのが主流?

排卵検査薬は薬局や病院でも販売されていますが、医療用医薬品のため薬剤師に商品を出してもらうことが必要です。そのため薬剤師の説明後、個人情報記入も義務付けられています。それは購入するたびに必要となるため面倒ですよね。そこでおすすめなのが、排卵日検査薬をネット通販で購入する方法です。

ネット通販であれば、海外製の検査薬もストレスなく購入できますし、海外製は日本製に比べて格安で購入できます。実際に検査の場合は本数も必要な場合もあります。まとめて購入することもメリットになります。

インターネット通販で購入するとお得な理由

通販で購入すると、日本製も海外製もドラッグストアなどで購入するよりも断然お得です。薬局では単品でしか購入できない事が多いのですが、インターネット通販だとまとめて購入すると割引があり、格安で排卵日検査薬を購入することが可能です。しかし、海外製は手に入るまで時間がかかるというデメリットもあります。

通販で購入できない検査薬もあります

関連する記事