排卵検査薬で妊娠しやすいタイミングを知ろう!いつから使う?陽性が出たら?

【医師監修】皆さんは、排卵検査薬を使用したことはありますか?排卵検査薬は、妊娠しやすいタイミングを知るために欠かせないアイテムです。この記事では「排卵検査薬を使うタイミング」「陽性が出たらどうするか」などについてお伝えします。妊娠したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

専門家監修 | 内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 排卵検査薬で妊娠しやすいタイミングを掴もう
  2. 妊娠しやすいタイミングはいつ?
  3. 排卵検査薬の仕組みや使い方は?
  4. 排卵検査薬はどのタイミングで使うの?
  5. 排卵検査薬の結果が出たらどうすればいいの?
  6. 排卵検査薬を上手に活用しよう

排卵検査薬で妊娠しやすいタイミングを掴もう

「早く妊娠したいのに、なかなか結果が出ない」と悩んでいる方はいませんか?妊娠したいときには、妊娠しやすいタイミングを正確に掴むことがポイントになります。そして、そのために欠かせないアイテムが「排卵検査薬」です。この記事では「排卵検査薬の使い方」「排卵検査薬を使うタイミング」などについて画像も交えながらお伝えします。

まずは、排卵の仕組みや妊娠しやすいタイミングについて押さえておきましょう。排卵検査薬を正しく使用するためには、これらについての理解を深めておくことも重要です。

排卵の仕組みとタイミング

妊娠したいと考え始めたら、まずは排卵について理解しましょう。排卵とは「成熟した卵子が卵巣から飛び出して卵管に入ること」です(※1)。正常な生理周期において、排卵日は「生理予定日の約14日前」だとされています。生理予定日が分かっていれば、逆算して排卵日を予測することができるでしょう。

(排卵の仕組みについては以下の記事も参考にしてみてください)

排卵と生理の仕組みについて!卵子はどう関係する?
排卵日に基礎体温が上がる?下がる?原理を知って妊娠のタイミングを見極めよう!

妊娠しやすいタイミングはいつ?

妊娠したいと考えている方にとっては、妊娠しやすいタイミングについて理解しておくことが重要です。そこで、ここでは妊娠しやすいタイミングや、自然妊娠の方法のひとつ「タイミング法」についてお伝えします。妊娠しやすいタイミングを押さえて、妊活をスムーズに進めていきましょう。

妊娠しやすいタイミングは排卵日当日なの?

「妊娠しやすいタイミングは排卵日当日」と考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、実は最も妊娠率が高いタイミングは「排卵日の2~3日前」なのです。卵子の寿命は約1日しかありませんが、精子の寿命は約2~3日間あります。また、卵子に受精能力があるのは排卵後6~8時間ほどです。

妊娠したいときには、これらの特徴を踏まえ「精子が先に体内に入り、排卵を待っている状態」を作ることで妊娠率を高めることができるでしょう。

(妊娠しやすいタイミングについては以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日後でも妊娠できる?排卵日・前後の妊娠の確率!妊娠しやすい日は?
子作りのタイミングは?いつからがベスト?妊娠しやすい時期は?

妊娠したいときはまずタイミング法

タイミング法は、妊娠したいと考えているカップルが行う基本的な自然妊娠の方法です。妊活中にカップルは、先ほどお伝えした「妊娠しやすいタイミング」に合わせて子作りをしている方が多いのではないでしょうか。ただ、タイミング法を続けても妊娠しない場合、予測している排卵日にずれがあるケースが多いものです。そこで、排卵検査薬を使って正確に排卵日を押さえることが重要になります。

排卵検査薬の仕組みや使い方は?

関連する記事