【生後3ヶ月】赤ちゃんにおすすめの遊び15選!おもちゃや動画も紹介!

生後3ヶ月になった赤ちゃんは、首が座りママといろんな遊びができるようになってきます。その頃にママがたくさん遊んであげると赤ちゃんの発達や体にいい影響を与えます。今回は生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊びやおもちゃ15選をご紹介します。

目次

  1. 生後3ヶ月の赤ちゃんができることは?
  2. 生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴
  3. 生後3ヶ月の遊びの時に注意すること
  4. 生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊びやおもちゃ15選
  5. 生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊び
  6. 生後3ヶ月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ
  7. 生後3ヶ月のおもちゃで遊んだあとのお手入れ
  8. 生後3ヶ月の遊びには支援センターなども利用してみよう
  9. 赤ちゃんには一人遊びの時間も大切!
  10. 生後3ヶ月はたくさんの遊びを通して成長をうながそう

生後3ヶ月の赤ちゃんができることは?

生後3ヶ月を迎えた赤ちゃんは首が座り始め、新生児の頃より手足や身体を動かすようになります(※1)。手足を動かすようになることで遊び方も変わり、おもちゃをつかんで口へ持って行ったり、手を口元に持っていくような仕草も見られるようになります。

成長に個人差はありますが首も座り始め、顔を上げることもできるようになるため、おもちゃを探したりママを探したりもできるようになるのがこの時期です。

本記事の前半では、生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴や赤ちゃんとママが一緒にできる遊び10個、動画を交えて紹介します。おすすめのおもちゃ5個を参考にしたい方は、後半から読むことをおすすめします。

(生後3ヶ月の赤ちゃんについては以下の記事も参考にしてみてください)

【生後3ヶ月】赤ちゃんの特徴や発育目安、育児の注意点!体験談も
生後3ヶ月の授乳間隔・回数は?母乳・ミルク別の量や注意点!体験談も

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴

生後3ヶ月を迎えた赤ちゃんは目や耳、脳、手足などが発達していきます。この箇所が具体的にどのように発達していくのか、詳しく説明します。

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴1. 目が発達する

生後3ヶ月を迎える赤ちゃんは、視力が発達していきます。今まではっきりと見ることができなかった視力が0.04〜0.08くらいまであがるため、焦点が合うようになり、はっきりと物が見えるようになります。

目の前でおもちゃを動かしてみて目で追うようになったら、視力が上がってきている合図です(※2)。この頃からママやパパがおもちゃを利用して赤ちゃんと遊んでみると、赤ちゃんが喜んでくれるでしょう。ぜひ試してみてください。

(赤ちゃんの視力については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの目はいつから見えるの?視力はどれくらいあるの?

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴2. 耳が発達する

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、耳が発達していきます。ママやパパの声の違いが聞きとれるようになるのもこの時期。耳が発達することによって、赤ちゃんの発する言葉も変わっていき、赤ちゃん特有の喃語に変わっていきます。

音が鳴るおもちゃに敏感に反応するようになるので、ママは音の出るおもちゃを利用して遊んであげると、赤ちゃんもたくさん興味を示してくれるでしょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴3. 脳が発達する

生後3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃と比べて脳が発達していきます。笑うことが増え、ママやパパが話しかけるだけでニコニコと笑ってくれる子もいます。今までは反射的に笑顔になっていた赤ちゃんは、おもちゃの音などを聞いて自分の意思で笑うようになります。

よく笑う子やあまり笑わない子など個人差はありますが、ママやパパの笑顔や遊んでくれている姿は見えています。たくさん話しかけたりして遊んであげましょう。

ママやパパの行動が、赤ちゃんの脳の刺激になってさらに発達していきます。ママやパパが日頃からコミュニケーションをとり、脳に刺激を与えてあげましょう。

(赤ちゃんが笑うことについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔の理由は時期ごとに違う?体験談多数

生後3ヶ月の赤ちゃんの特徴4. 手足が発達する

関連する記事