2歳児の夜泣きの原因は?対処法はある?もしかして夜驚症?体験談も

【医師監修】2歳になると治まっていた夜泣きが急に再開することがあります。子育てママやパパは放置できず、イライラがつのることも。しかし、2歳児は心の成長に伴い環境も大きく変化する時期なので、夜泣きは珍しくありません。今回は、夜泣きの原因や効果的な対策についてご説明します。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 2歳児の夜泣き【ママたちの体験談】
  2. 2歳児の心の成長と変化
  3. 2歳の夜泣きは何が原因?
  4. 2歳児の夜泣きと睡眠の関係
  5. 2歳児の夜泣きは放置せず、適切な対処で解決!
  6. 2歳の夜泣きは夜驚症の可能性も
  7. 2歳児の夜泣き…病院に行く目安は?
  8. 2歳の夜泣きは原因を知って賢く対策を

3. 2歳の夜泣きの原因【ママの育児ストレス】

2歳児に限らず幼い子供にとって、ママに放っておかれるのはストレスになります。イヤイヤ期に入ると言うことを聞いてくれなくなるので、ママもついつい怒ってしまいがちです。また、しつけをしようと思って「もうそんなにワガママなら、ママ知らないよ」とイライラして放置してしまうママもいるでしょう。

仕事に疲れてさらに子供にイライラして過剰に怒ってしまった場合、また完全に放置してしまえば2歳児にとっては大きなストレスになります。大好きなママの怖い声や顔がショックな出来事として脳に焼き付いてしまうわけです。ママに放置されたり、強く叱られたこともストレスとなります。夜泣きが起きたならその日、強く怒っていなかったか思い出してみましょう。

(育児ストレスについては以下の記事も参考にしてみてください)

【赤ちゃんの夜泣き】原因・対策を理解し、育児ストレス軽減しよう!

4. 2歳の夜泣きの原因【2歳は甘えたいお年頃】 

2歳の時期ではまだまだ両親に甘えたいお年頃と考えた方が良いでしょう。2歳児は心が成長しはじめているとは言え、まだまだ未熟な状態です。そのため甘えたい年齢と考えておいた方が良いと言えます。

例えば「僕がやる」と言って親の助けを拒んだかと思うと、逆に「これやってー」と甘えるのも2歳時期では珍しくありません。ママやパパは振り回されることも多いですが、2歳児にとって珍しくないことと考えてイライラしないようにしましょう。

夜泣きに関しても甘えたいからこそ生じている可能性が考えられます。自主性が育ち始めているのと同時にまだ甘えたいという矛盾した難しい時期だからこそ、夜泣きが起きても不思議ではありません。

4. 2歳の夜泣きの原因【成長痛】

2歳児でも成長痛が起きることはあります。昼間などは元気に走り回っていても、夜になると夜泣きと共に足の痛みなどを訴えながら助けを求めて来ることがありませんか?特にヒザや足首に痛みを感じている場合が多くみられます。そのためママやパパとしては「変な病気か?」と考えてあわててしまいます。

しかし医者に診察をしてもらっても、特に病気という訳でもなく異常がないと言われることも多いのです。成長痛ですが、例えば子供が日中に走り回ったりするとします。しかしまだ成長過程にある身体にとっては大きな負担となるのです。

その負担により急な痛みが引き起こされているという説などが考えられています。また、急な赤ちゃん返りでも見られるような不安感、あるいはその日のショックな出来事などの精神的なストレスが、自律神経に影響を与えるため起こっているという話も。しかし基本的には「可能性」であり医学的にまだはっきりとしていないのが現状です。

関連する記事