赤ちゃんとの海外旅行はいつから可能?注意点や子連れにおすすめの国を紹介

海外旅行に行きたいけど赤ちゃんを連れて行っていいの?いつから赤ちゃんと海外旅行に行けるのかや、赤ちゃんと海外旅行に行く時の注意点を紹介します。赤ちゃんと行く海外旅行の行先選びのポイントや、赤ちゃんとの海外旅行におすすめの国も参考にしてみてください。

目次

  1. 赤ちゃんはいつから海外旅行に行けるの?
  2. 赤ちゃんと海外旅行に行くときの注意点は?
  3. 赤ちゃんと海外旅行!行先選びのポイントは?
  4. 赤ちゃんと海外旅行に行きたい!おすすめの国7選を紹介!
  5. 赤ちゃんと海外旅行に行く時に必要な持ち物をチェックリストで確認しよう!
  6. 「家族で行く海外旅行のツアー特集を見てみよう!」
  7. 「赤ちゃんと海外旅行を楽しもう!」

飛行機の中での過ごし方を考えておく

子連れの海外旅行で最初の難関は、飛行機の中でどう過ごすかです。

お気に入りのオモチャや、まだ赤ちゃんが見たことのない新しいオモチャを用意しておくと飛行機の中でグズらずに過ごせます。飛行機の中で使うものなので、他の人の迷惑にならないよう音の出ないものがオススメです。

急な体調不良に備える

万が一赤ちゃんが病気やケガをしてしまった時に診てもらえる、現地の病院を調べておきましょう。乳児は疲れやストレスなどでも、簡単に体調を崩してしまいます。もしもの時に診てもらえるところがわかっていると安心です。

また日本と違って健康保険は使えませんので、子供を対象とした海外旅行保険に入っておくと医療費が高額になってしまった場合も心配ありません。

(赤ちゃんの発熱の原因については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんに熱が…!発熱の原因は?38度以上の高熱は要注意!

子供向けのサービスを調べておく

各航空会社や海外のホテルでは、子連れに優しいサービスを用意しているところがたくさんあります。折角の海外旅行ですから、赤ちゃんが快適に過ごせるよう事前に調べておきましょう。

おむつやベビーキットの準備があるか、キッズルームなどの設備があるか、乳児も一緒に入れるレストランかなど、行くところすべてにチェックを入れれば完璧です。

ゆとりのあるスケジュールを立てる

現地でのスケジュールは、赤ちゃんのペースに合わせてゆとりのあるものにしましょう。1日の予定は、1つか2つくらいが無難です。

赤ちゃんを中心に動くと、どうしても時間が押しがちになります。あまりタイトなスケジュールにすると、パパやママが大変になってしまいますので、余裕を持って動けるスケジュールを組みましょう。

使い慣れた育児用品を持っていく

赤ちゃんに使用する育児用品は、もし合わなくても現地で新たに調達するのが難しいことが多いです。できれば使い慣れたものを持っていきましょう。

特に哺乳瓶やおしゃぶりは、合わなかったときにミルクが飲めない、眠れないなど、弊害が大きくなります。赤ちゃんが安心して過ごせるよう、大荷物にならない程度に用意しましょう。

赤ちゃんと海外旅行!行先選びのポイントは?

大人だけで行く海外旅行と、子連れの海外旅行では勝手が違うのがだんだんわかってきましたね。では行先はどんなことに注意しながら選べばいいのでしょうか。

ここでは初めての子連れ海外旅行先を選ぶときのポイントを紹介します。

飛行時間が短く済む場所

関連する記事