赤ちゃんとの海外旅行はいつから可能?注意点や子連れにおすすめの国を紹介

海外旅行に行きたいけど赤ちゃんを連れて行っていいの?いつから赤ちゃんと海外旅行に行けるのかや、赤ちゃんと海外旅行に行く時の注意点を紹介します。赤ちゃんと行く海外旅行の行先選びのポイントや、赤ちゃんとの海外旅行におすすめの国も参考にしてみてください。

目次

  1. 赤ちゃんはいつから海外旅行に行けるの?
  2. 赤ちゃんと海外旅行に行くときの注意点は?
  3. 赤ちゃんと海外旅行!行先選びのポイントは?
  4. 赤ちゃんと海外旅行に行きたい!おすすめの国7選を紹介!
  5. 赤ちゃんと海外旅行に行く時に必要な持ち物をチェックリストで確認しよう!
  6. 「家族で行く海外旅行のツアー特集を見てみよう!」
  7. 「赤ちゃんと海外旅行を楽しもう!」

赤ちゃんはいつから海外旅行に行けるの?

出産前はよく海外旅行に行っていたけれど、赤ちゃんを連れての海外旅行はいつから行けるの?と疑問に思っているパパ、ママは多いでしょう。

大人と違ってたくさんの制限がある赤ちゃんは、いつから飛行機に乗ることを前提とした海外旅行が可能なのでしょうか。

【新生児】生後0~28日

新生児は、ママと一緒に産院を退院して間もない時期です。1ヶ月健診までは積極的に外出をすることは推奨されていませんので、海外旅行は難しいでしょう。

またママも出産の疲れがまだ癒えていないので、お家でゆっくり過ごすことをおすすめします。

【低月齢】生後1~5ヶ月

生後1ヶ月を過ぎると赤ちゃんの生活リズムが整ってきて、パパやママも育児に少し慣れてきた頃です。いつから旅行に行けそうか、海外旅行中にどのように過ごせばいいのか、なんとなく想像ができるかもしれません。

母乳育児の場合はママの母乳からの免疫が赤ちゃんの身体を守ってくれているので、風邪などを引きにくいと言われています。しっかり準備をすれば、海外旅行に行けるでしょう。

【生後半年以降】

生後半年ともなると、赤ちゃんは首が座って寝返りができ、お座りができる子も出てきます。外出にも慣れてきている頃でしょう。

赤ちゃんの性格にもよりますが、海外旅行は可能です。ただしママの免疫が切れてしまう頃でもあるので、体調には十分注意する必要があります。

(移動手段別の注意点については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんはいつから旅行に行ける?月齢・移動手段別の準備物や注意点

赤ちゃんと海外旅行に行くときの注意点は?

いつから旅行に行くか決めたら、次に考えなければいけないのは大人の海外旅行と子連れの海外旅行の違いです。乳児連れでの海外旅行では、大人の海外旅行にはない注意点が盛りだくさんです。

いざ行くときにな焦らないように、どんなことに注意すればよいのかチェックしておきましょう。

赤ちゃんにもパスポートを用意する

抱っこして飛行機に乗れる乳児は航空運賃はかかりませんが、パスポートは必要です。うっかり申請を忘れてしまうと出国できません。

手続きはパパ、ママが代理人として行えますが、受け取りは本人でなければできませんので必ず赤ちゃんと一緒に取りに行きましょう。

(パスポートに必要なマイナンバーについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児のマイナンバーはいつわかる?出生届提出後?配布時期・申請方法を紹介!

関連する記事