ネントレはいつから始める?ねんねトレーニングの簡単なやり方や弊害についても解説!

【医師監修】ねんねトレーニングはいつから始めるべきなのでしょうか。ここではネントレ(ねんねトレーニング)とは何か、いつから始めればいいのかを紹介します。その他にもネントレのやり方や成功させるコツ・ポイントを紹介していきます。またネントレ・寝かしつけにおすすめの本や、みんなの体験談を紹介します。

目次

  1. ネントレ(ねんねトレーニング)とは?
  2. ネントレはいつから始める?
  3. ねんねトレーニングの基本は?
  4. ネントレの簡単なやり方
  5. ネントレを成功させるポイント・コツは?
  6. ネントレのメリットを紹介!
  7. ネントレの弊害・デメリットはなにがある?
  8. ネントレは必要なの?失敗したらどうなる?
  9. ネントレ・寝かしつけに関する体験談
  10. ネントレ・寝かしつけにおすすめの本を7選!
  11. ネントレ(ねんねトレーニング)を試してみよう

Amazonレビュー

★★★★★

わたしは今3歳の娘がいますが、赤ちゃんの寝かしつけに関しては最大の課題と言っても良いほど日々悩んできました。

こちらの本は、とてもわかりやすくポイントが明確に書かれていますので、育児に忙しい赤ちゃんのママでもスッと読みやすい本です。

このプログラムを取り入れてからは、自分自身の意識も変わり、寝つきが悪く寝付くのに1時間以上かかって毎晩イライラしていた日々が、今ではほとんど30分以内で寝てくれるようになりました。

著者山本 ユキコ (著)
ページ数187ページ
出版社あさ出版 (2016/5/26)

7. 赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法

赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法
1,404円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

今までの寝かしつけのやり方を変えることなく、同じ環境で赤ちゃんをスムーズに寝かせるやり方が記載されています。この本に記載されている方法はすぐに効果を期待できるものではなく、時間をかけて赤ちゃんに寝る習慣癖をつけさせるやり方なので忍耐力がある方におすすめです。

楽天レビュー

★★★★★

8ヶ月の娘が夜何度も起きることに、とても悩んでいたのですがこの本を読み、涙が出てとても気持ちが楽になりました。眠りが改善されるかどうか、やるかやらないかは別としても救われますよ。夜間断乳に挑戦しようか悩んでいましたが、著者は泣かせるやり方を否定していて共感でき、泣かせる夜間断乳はやらないことに心が決まりました。それよりも日中のリズムを整え、一緒に遊んで、娘の欲求に応える。そしてこうあるべき。という考えをやめ、とても楽に子育て出来る気がします。効果としては娘は一時間毎に目を覚まし、泣いていたのですが今は二時間、三時間と感覚があくようになりました。是非オススメします!

著者エリザベス・パントリー (著)、竹迫 仁子 (著)
ページ数250ページ
出版社エクスナレッジ (2005/12/10)

ネントレ(ねんねトレーニング)を試してみよう

ネントレ(ねんねトレーニング)についていつから始めるのか、簡単なやり方・弊害について紹介しましたがいかがでしたか。ネントレは無理に始める必要はないですが、夜の寝かしつけに負担を感じたらネントレを試してみましょう。またネントレはママだけでなくパパにも協力してもらうことが大切です。

関連する記事