基礎体温の平均は?正常値は?グラフで妊娠しやすい体温を知ろう!

【医師監修】妊活中に基礎体温を正しく管理することは重要なことです。ただ数値だけで説明されたり覚えても、なんとなくわかりづらかったり、体温の平均も把握しにくいです。そこで数値とグラフを用いて視覚的に基礎体温の平均や正常値を把握し、今後の妊活に大いに役立てていきましょう。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 基礎体温とはなに?
  2. 基礎体温の平均ってどのくらい?
  3. なぜ基礎体温の平均を知る必要があるの?
  4. 基礎体温の高温期と平均は?
  5. 基礎体温の低温期と平均は?
  6. 基礎体温の平均を計算してみましょう!
  7. 基礎体温の平均をグラフでみてみましょう!
  8. 基礎体温の平均をグラフでみる意味
  9. はっきりと二相にならずに平坦な基礎体温
  10. 基礎体温の高温期が短い
  11. 基礎体温が平均より低くなってしまったら?
  12. 高温期が長く続いている場合
  13. 高温期に出血があった場合
  14. 妊娠前から基礎体温をグラフ化して妊活に活かしてみましょう!
  15. iPhoneアプリで基礎体温を記録

基礎体温とはなに?

基礎体温とは朝目覚めた直後最も安静な状態の体温です。体調不良などがなければ周期的に0.3~0.5℃くらいの変化をします。基礎体温を把握することで自分の体調や生理周期がわかるのでとても便利です。

基礎体温の測り方

基礎体温を測ったことのない人、自分の計り方が正しいのか不安な人へ基礎体温の正しい計り方をご説明します。まず基礎体温を計るために準備するのが基礎体温計です。これは小数点第二位まで測ることができます。基礎体温は体温の微妙な変化を測るため普段使う体温計では計れません。

動いてしまうと体温が上がってしまうので必ず動く前に測定します。朝起きて動く前に測るのが望ましいので枕元においておくのがいいでしょう。体温計が日に当たって熱をもったり、寒気で冷えすぎたりすると正確に測れなくなってしまうので、なるべく常温にします。測るときは口の中に入れて、舌の下にいれ動かないように固定して測りましょう。(※1)

もう一つ注意したいのが、4時間以上睡眠を取ったあとでないと正確に測れないこと。夜眠れなかったなどの場合は日中でもまとまった時間寝たあとに測るようにしましょう。(※1)

カズヤ先生

産婦人科

このように、基礎体温の測定は少々手間がかかります。しかも毎日のこととなると、億劫で妊活中の患者さんでも、基礎体温の測定をされない方もいらっしゃいます。しかし、月経周期や、基礎体温から排卵周期や子宮内膜の変化を追いかける際に、基礎体温表は必須とも言える指標になります。
1日2日、取り忘れたからといって問題はないので、継続して記録することが重要です。

基礎体温の平均ってどのくらい?

基礎体温は平均的におよそ36.0℃~37.0℃の間で低温期と高温期が周期的に訪れます。何度でなくてはならないというよりは、自分の低温期の基礎体温が何度くらいかということと、高温期には低温期より0.3℃以上基礎体温が高くなっているかということを目安としてください。(※1)

なぜ基礎体温の平均を知る必要があるの?

基礎体温を計り記録すると、基礎体温の平均を知ることができます。平均を出すメリットは、生理周期を知り高温期と低温期のタイミングを把握できることです。生理周期を把握すれば妊娠しやすい時期、逆に妊娠しにくい時期もわかるでしょう。妊娠を希望する人、妊活中の人は必須ともいえる情報です。(※2)

(基礎体温については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日に基礎体温が上がる?下がる?原理を知って妊娠のタイミングを見極めよう!
妊娠した時の基礎体温グラフ実例!妊娠超初期の体温はどう変化する?

基礎体温の高温期と平均は?

基礎体温の高温期は、排卵日~次の生理までとなる10日~12日間の期間です。基礎体温の高温期は一般的に36.7~37.0℃くらいだといわれています。しかし、体温は人それぞれ。平均を気にするよりは自分の平均体温を把握したうえで、平均的な体温と期間を参考にしてください。

高温期は黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれるホルモンが分泌されています。このホルモンの役割は、子宮の内膜を成熟させて妊娠しやすい状態にすること。黄体ホルモンの分泌により頭痛、腹痛、むくみ、気分が悪くなるといった症状がでることもあるでしょう。また、黄体ホルモンは身体の温度を上げる作用もあるので体温が0.3℃ほど上がるといわれています。(※3)

関連する記事