【医師監修】排卵痛があると妊娠する確率が高いというのはウソ!正しいタイミングは?

妊娠しやすいタイミングの目安として排卵痛があるときが妊娠しやすいと言われています。妊娠をしたい人は聞いたことがあるかも知れませんが、果たしてこれは本当なのでしょうか。排卵痛があればどんば場合でもいいのでしょうか。本当に妊娠しやすいタイミングをご説明します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 排卵痛ってなに?
  2. 排卵痛の原因は?
  3. 排卵痛はいつ起こる?
  4. 排卵日は妊娠しやすい?
  5. 排卵痛があるのに妊娠しない
  6. 排卵痛で出血したら?
  7. 妊娠しやすいタイミングで性交する
  8. 妊娠検査薬を使うタイミング
  9. 排卵日を予測しよう!
  10. 排卵日を理解して妊娠に臨む

排卵痛ってなに?

女性には生理痛だけでなく排卵前にも痛みを感じることがあり、その痛みを「排卵痛」と呼びます。月に1回、卵子が成熟すると卵巣から卵子が出て、これを痛みとして感じる人がいるのです。排卵前に普段とは違った痛み方をする場合は排卵痛である可能性があります。

(排卵痛については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵痛とは?生理痛とは違う?症状や原因・対処法!体験談も
排卵痛はいつ起きる?痛いけど妊娠しやすいタイミングの目安になる!?

排卵痛の原因は?

排卵痛の原因のひとつに、排卵が近づき、卵巣の中の卵胞と呼ばれる卵子の元が腫れたような状態になることが挙げられます。また排卵の時に卵胞を突き破って卵子が出てくるので、排卵時にも排卵痛は起きます。排卵による出血と、そのときの傷が痛むのが原因です。

その他にも排卵の期間が終わると、エストロゲンという女性ホルモンが減少し、それに伴い胃腸の動きが弱まることで、お腹が痛くなることもあります。

排卵痛の痛み方

排卵痛の痛みには個人差があり、部分的に痛む人もいれば下腹部が全体的に痛む人もいます。チクチクやピリピリといった痛みで、卵巣付近や太もものあたりが痛くなるなど、人によってさまざまです。

また、痛みを感じるとまではいかなくても、違和感や不快感、ガスが溜まっている感じがするなどの症状の人もいます。

排卵痛ではない痛みの場合

排卵痛と勘違いしやすいのは生理痛です。生理痛は経血排出のためにおき、重苦しい痛みであるのに対して、排卵痛はチクチク、ピリピリとした痛み方です。痛みの起こる時期や痛みの種類を判別してみて下さい。判別がつかない場合や他に原因が考えられる場合は産婦人科で医師に相談しましょう。

排卵痛がひどい場合

排卵痛は人それぞれです。全く痛みがない場合もあれば、耐え難い痛みが出る場合もあります。排卵痛の痛みがひどいようでしたら、産婦人科で相談してみましょう。場合によっては低用量ピルによる治療でよくなります。妊娠を希望している場合はその旨をお医者さんにしっかり話しておきましょう。

排卵痛はいつ起こる?

排卵痛が起こる期間は3つの段階に分けられます。排卵前・排卵時・排卵後です。先述したように、排卵前に卵胞が成熟したときや排卵時に卵胞を卵子が突き破るとき、また排卵後も排卵時にできた傷や血が留まって痛みが出ます。

排卵は生理予定日の約2週間前くらいから始まります。排卵日を挟んで2~3日ほどが排卵痛の出る期間ですが、それが3つのどの時期になるのかは正確にはわかりません。また、2~3日で終わらずにもっと長い期間、排卵痛の症状が出る人もいれば、排卵痛が全くないという人もいます。

関連する記事