新生児の鼻づまりを解消する方法!寝られないときの原因と対処は?

【医師監修】赤ちゃんの鼻がつまって苦しそうだと、心配ですよね。「新生児の鼻づまりの原因は?」「どうやって赤ちゃんの鼻づまりを解消する?」「鼻がつまって寝られない時の対処方は?」といった疑問を解決すべく、鼻づまりの原因や対処法をご紹介します。

専門家監修 |小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. どうする?新生児の鼻づまり
  2. 新生児の鼻づまりの原因は?
  3. 新生児の鼻づまり解消法をためす前に
  4. 新生児の鼻づまりの解消法は?
  5. 安心・安全な新生児母乳点鼻法
  6. 鼻づまりで眠れない時は?
  7. 鼻づまりしにくい環境作りとは?
  8. それでも解消しなければ病院へ
  9. 新生児の鼻づまりはいつまで続く?
新生児の咳!風邪が原因の可能性も!見分けるには鼻水を見ると良い?
新生児のうつぶせ寝はしてもいい?いつからしていい?危険性は?

新生児の鼻づまり解消法をためす前に

苦しそうな赤ちゃんをみると、一刻も早く解消法を試したくなりますよね。主な原因についてご紹介しましたが、原因は一つだけではなく、複数考えられる場合もあります。特に、空気の乾燥などにより、鼻水が奥でつまってしまい取れにくくなっていることなども多く見られがちです。そのような場合は、まず次のような対処をしてみましょう。

新生児の鼻づまり解消法をためす前に【蒸しタオル】

蒸しタオルを30分ほど赤ちゃんの鼻の付け根や、鼻の下に当てて下さい。すると、温められることで固くなってしまった鼻水が柔らかくなり、取れやすくなります。蒸しタオルは、温度に十分注意し、赤ちゃんがやけどしないようにしましょう。

新生児の鼻づまり解消法をためす前に【入浴】

出典:https://www.pinterest.jp/pin/583919907929940021/

赤ちゃんをお風呂に入れてあげると、血のめぐりが改善され、鼻の通りも良くなります。また、固まった鼻水もふやけて取れやすくなるので、お風呂の後に鼻づまりの解消法を試すと良いでしょう。また、入浴中にお湯でしぼったガーゼなどを鼻に当てると、さらに効果的です。

新生児の鼻づまりの解消法は?

新生児の鼻づまりの原因のほとんどが「鼻の小ささ」と「空気の乾燥」によるものであると考えられます。「病院に行くほどではないけれど…」と思っている人も多いはずですね。そのような場合は、自宅でできる、鼻づまり解消法をご紹介します。

新生児の鼻づまり解消法【綿棒】

赤ちゃん用の細い綿棒で、鼻水を吸い取ってあげましょう。鼻水がかちかちに固まっている場合は、綿棒にオリーブオイルや、ベビーオイルなどを塗ると取れやすいです。このときに注意することは、決して奥まで綿棒を入れ過ぎないことです。

新生児の鼻は、傷つきやすく繊細なので、優しく取ってあげて下さいね。

新生児の鼻づまり解消法【くしゃみ】

関連する記事