生理中・前後の肌荒れの原因と対策!肌荒れがひどい人の実体験も

【医師監修】女性なら誰もが経験したことのある生理中の肌荒れ。それぞれの肌の特性で悩みも違ってきます。生理でイライラしやすくなっているときに、肌にまで気を配るとなるとストレスも感じますよね。ここでは生理中になぜ肌荒れが起こるのか、その対策法も紹介します。

専門家監修 |内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 生理前の肌荒れはいつから始まる?
  2. 生理前は肌が変化している?
  3. そもそも生理中の肌荒れの原因は?
  4. 生理中の肌荒れ対策方法!
  5. 肌荒れの予防をしよう
  6. 肌荒れがひどい人の実体験
  7. 肌荒れを感じない肌へ

生理前では黄体ホルモンにより肌を守る機能も低下してしまうので、それに伴い紫外線を多く吸収してしまいます。それによってメラニンを多く生産してしまい「シミ」ができやすくなってしまうのです。夏はもちろん、冬でも紫外線は大量に放出されているので、黄体ホルモンの多い生理前に限らず生理後など普段の生活から気を付けましょう。

肌荒れがひどい人の実体験

肌荒れのひどい悩みを抱えている人は、PMSによる美肌ホルモンと黄体ホルモンの影響も考えられます。実際に経験した人の体験談と一緒に見ていきましょう。

自分に合ったスキンケア用品を選ぶというのも重要なポイントですが、大切なのはスキンケアを続けるということ。生理前から生理後という期間に限らず、普段のスキンケアを大切にしてくださいね。

YOTSUBA読者

20代後半

生理前は顔のべたつきが気になり、すぐにテカリ出して脂取り紙を手放せなかったんです。ひどい時には顎にニキビが出来たりとかなりのコンプレックスでした。

ネットで調べて基礎化粧品を敏感肌用にしたり、自分に合った洗顔を選んだりしました。今では以前ほどのべたつきもなくニキビもほとんど出来ません。

肌が弱い人に合うスキンケア用品はたくさん売られています。洗顔方法を見直し、肌に刺激を与えないように注意しましょう。

肌荒れを感じない肌へ

生理前の肌荒れは、日頃のケアや心がけで予防することができます。お肌のケアはもちろんですが、食事や睡眠などの生活習慣も大きく影響してきます。肌荒れの対策は生理不順を予防することにもつながるので、美肌ホルモンや黄体ホルモンによる体の変化を理解し、肌荒れを感じない肌を手に入れてくださいね。

関連する記事