生理後のおりものは生理前とどう違う?量・色・臭い等での見分け方!

【医師監修】生理前、生理中、生理後と、女性の体は1ヶ月サイクルでめまぐるしく変化しています。そして、体だけではなくおりものも変化しています。おりものはどのように変化するのかや、量・色・臭いで生理前のおりものと生理後のおりものを見分ける方法をお伝えします。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. おりものとは
  2. 生理後のおりものは生理前と違うの?
  3. 量や色や臭いで見分ける!生理後のおりもの
  4. 量や色や臭いで見分ける!生理前のおりもの
  5. これって大丈夫?生理後のおりもの
  6. 注意が必要なおりもの
  7. おりものは健康のバロメーター

おりものとは

女性にとっておりものの状態をきちんと把握することは健康管理に繋がります。妊娠を考えている方が自分のおりもののサイクルを知れば、妊活にもつながるでしょう。ぜひおりものについての知識を増やし、自分の体を管理するのに役立てて下さい。

おりものの役割

おりものとは膣内から出る分泌物のことです。バイ菌や雑菌が子宮に侵入するのを防いだり、膣内の汚れを出してキレイにしたりする役割があります。また、膣内の粘膜を保護して潤いを与えてくれるほか、妊娠しやすくなるよう働きかけるのもおりものの役割です。排卵期には、精子が子宮内へ容易に到達できるよう、よく伸びるゼリー状の水っぽいものへと変わります。

生理後のおりものは生理前と違うの?

おりものは年齢や環境、生理周期によって大きく変化します。ゼリー状の水っぽい状態になって受精の手助けをすることもあるので、生理後と生理予定日前でもかなり違いが出てきますよ。では、具体的にどのようになっていくのか、おりものの特徴について見ていきましょう。

量や色や臭いで見分ける!生理後のおりもの

生理後、排卵までの時期を「卵胞期」と呼び、名前の通り、卵子のもととなる卵胞が育つ期間のことです。卵胞期に育ったが卵子が排卵される期間を「排卵期」と言います。ここでは、卵胞期から排卵期にかけて、おりものがどのように変化するのかを解説しましょう。

生理後のおりものの量

卵胞期は、1か月の中で最もおりものの量が少ない時期です。粘り気はなく、サラサラとしている状態が多いでしょう。そこから排卵期にかけて徐々に量は増えていき、排卵期は1か月の中で最も量が多くなる時期です。

排卵日前後のおりものは粘り気も強くなり、水っぽい伸びるゼリー状になる場合もあります。おりものの量がピークに達し、粘り気が強くなることによって、精子が子宮まで到達しやすいように受精の手助けをしているのです。

日頃から自分のおりものを意識していれば、おりものの量が増え、水っぽいゼリー状になった時に排卵予定日、もしくは排卵予定日前だということがわかります。妊活されている方、今後妊娠を希望されている方は、おりもので排卵日が特定できると心強いですね。

(排卵期のおりものについては以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日はおりもので特定!量や粘り気に特徴が?排卵日前後の変化は?

関連する記事