生理前・生理中の貧血…!原因と対処法は?PMSや妊娠の可能性も?

【医師監修】生理前や生理中に貧血になり、吐き気やめまい、ふわふわ感や立ちくらみなどに悩まされている方は多いのではないでしょうか。ここでは生理前や生理中の貧血の対処法を紹介するとともに、生理前の症状とPMSや妊娠の可能性との関連も解説します。

専門家監修 |内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 生理前や生理中の貧血がつらい!
  2. 生理前や生理中の貧血の原因
  3. 生理前や生理中の貧血の対処法
  4. 生理前や生理中の貧血を予防する方法は?
  5. 生理前の貧血とPMSは関係があるの?
  6. 生理前の貧血は妊娠の可能性もある?
  7. 生理前や生理中の貧血がつらい時は受診し妊娠にも注意

生理前や生理中の貧血がつらい!

軽度の貧血では、疲労感や脱力感を覚えたり、顔色が青白くなったりします。貧血が重くなると、失神、めまい、のどの渇き、発汗、脈が弱く速くなる、呼吸が速くなるなどの症状が加わります。(※1)

普段は貧血ではないのに、生理前や生理中は貧血になってしまう人は少なくありません。生理前や生理中の貧血は、具体的にどのような症状が出てしまうのでしょうか。

生理前や生理中の貧血の症状【吐き気がする】

貧血時の吐き気はつわりや車酔いのようだったり、胃痛や頭痛、吐き気をともなったりすることもあります。生理前や生理中には動けないくらいの吐き気に襲われる人もいます。また生理前は通常ホルモンの影響で食欲が増進しますが、吐き気のせいで食欲がなくなったり、食欲があっても食べられない状態になることもあります。

生理前や生理中の貧血の症状【立ちくらみがする】

急に動いたり、立ち上がったりするとふらつくのが一般的な立ちくらみです。貧血になると脳の酸素が足りなくなることがあり、結果として立ちくらみが起こることがあります。

生理前や生理中の貧血の症状【めまいがしたりふわふわしたりする】

めまいやふわふわ感も貧血の代表的な症状です。めまいはぐるぐると自分のまわりが回っているように感じますが、頭や足元がふわふわする感じもめまいの一種で「浮動性めまい」といいます。浮動性めまいは、車酔いのように吐き気が生じてしまうこともあります。貧血はめまい、吐き気、立ちくらみと全ての症状が重なって、つらい思いをします。

増田 陽子

内科医

立ちくらみやめまいが起こる病気はたくさんあります。ですので、単なる立ちくらみやめまいだと思わずに、早めに原因を追求しましょう。

生理前や生理中の貧血の原因

貧血は通常、血液の中の赤血球とヘモグロビンが一定の基準よりも低いと血液検査で診断された状態をいいます。ところが血液検査で診断されていなくても生理前や生理中には貧血の症状が出てしまうことがあります。(※1)

生理中経血の量が多い人は貧血になりやすい

生理前には子宮の内側を厚くするために多くの血液が集まり、さらに生理中はそれが経血として排出されます。生理中の経血の量が非常に多い状態を「過多月経」といいますが、過多月経の場合、子宮に集まる血液も当然多くなることから貧血になりやすくなります。

増田 陽子

内科医

女性は男性よりもヘモグロビン(貧血の度合いを示す値)が元々低いですが、生理中や生理後は更に低くなりますので、注意が必要です。

関連する記事