【医師監修】高温期の体温が下がる理由とは?妊娠兆候?インプランテーションディップって?

基礎体温を測っている際に、高温期の途中で体温が下がった経験はありませんか?なぜ高温期なのに体温が下がるのか、体温が下がる事で体にどのような変化が起きているのか気になりますよね。ここでは高温期の体温が下がる理由とインプランテーションディップについてご紹介します。

目次

  1. 高温期の途中で体温が下がるのはなぜ?
  2. 高温期に続けて体温が下がるのは黄体機能不全かも?
  3. 誤った計測の仕方では高温期中に体温が下がる場合も
  4. 妊娠兆候として高温期中に体温が下がることも
  5. インプランテーションディップで高温期の体温が下がる?
  6. 一度下がった体温が普段の高温期より高くなるのは
  7. 普段から基礎体温を気にかける習慣を

(着床時期に見られる症状については以下の記事も参考にしてみてください)

着床時期はいつから?症状はでる?受精後の体調変化とは? | AKANBO[あかんぼ]

普段から基礎体温を気にかける習慣を

体調不良、黄体機能不全、インプランテーションディップ、二段上がり…基礎体温は体のさまざまな指標になります。しかし、あくまで目安なので過信する事は出来ませんが、普段から自分の基礎体温を知っておくことは妊娠を目指す上でとても重要な事です。インプランテーションディップがあった、二段上がりになっている、生理がこない場合は妊娠検査薬で検査して妊娠しているか確認しましょう。

しかし、基礎体温を気にするあまりストレスを感じる場面もあるかと思います。些細なストレスは妊活にも良くありません。体温が下がってしまっても、妊娠の可能性はあるので「今月はダメだった」と諦めず生理が来るまでは大きな気持ちでゆったりと構えていましょう。

関連する記事