【医師監修】高温期の体温が下がる理由とは?妊娠兆候?インプランテーションディップって?

基礎体温を測っている際に、高温期の途中で体温が下がった経験はありませんか?なぜ高温期なのに体温が下がるのか、体温が下がる事で体にどのような変化が起きているのか気になりますよね。ここでは高温期の体温が下がる理由とインプランテーションディップについてご紹介します。

目次

  1. 高温期の途中で体温が下がるのはなぜ?
  2. 高温期に続けて体温が下がるのは黄体機能不全かも?
  3. 誤った計測の仕方では高温期中に体温が下がる場合も
  4. 妊娠兆候として高温期中に体温が下がることも
  5. インプランテーションディップで高温期の体温が下がる?
  6. 一度下がった体温が普段の高温期より高くなるのは
  7. 普段から基礎体温を気にかける習慣を

誤った計測の仕方では高温期中に体温が下がる場合も

通常、基礎体温は朝起き上がる前の安静な状態で舌下にて計測します。体がきちんと休まっている状態で測る事が基本なので、睡眠不足だったり、起きてから時間が経って計測してしまうと正しい結果が出ません。また、体温計をしっかり舌の下に挟めていなかったり、口を開けて寝ていた場合なども外気の影響により正しく測れていない場合が多いです。

体温が2日以上下がったり、上がる気配のない場合は、体調不良や睡眠不足などは無いか自分の体調を確認しましょう。そして、基礎体温はなるべく毎朝決まった時間に、起き上がる前の正しい測り方で記録しましょう。基礎体温はグラフで管理すると自分の平均高温期と低温期を知る事が出来るので毎日測る事が大切です。

(正しい基礎体温の測り方や管理方法については以下の記事も参考にしてみてください

基礎体温の平均は?正常値は?グラフで妊娠しやすい体温を知ろう! | AKANBO[あかんぼ]
基礎体温表のダウンロード!無料テンプレやアプリなど!書き方も詳しく! | AKANBO[あかんぼ]
基礎体温の管理が簡単にできる!人気の無料アプリ7つを紹介! | AKANBO[あかんぼ]

妊娠兆候として高温期中に体温が下がることも

高温期が続き、生理がこない場合は妊娠の可能性がある事は皆さんご存知だと思います。実はその他にも妊娠の兆候として、まだ生理がこないはずの高温期の途中で体温が下がるというケースもあります。この場合、着床の時期に1~2日だけ下がる事が多く、この現象を「インプランテーションディップ」と言います。インプランテーションディップに関しては次項で詳しくご説明します。

インプランテーションディップで高温期の体温が下がる?

上の高温期で体温が下がる理由の一つとしてインプランテーションディップを挙げました。では、インプランテーションディップどは一体どんな現象なのか、いつ起きるものなのか、気になりますよね。ここからはインプランテーションディップについて詳しくご紹介します。

そもそもインプランテーションディップとは

海外でインプランテーションディップは、着床時期の妊娠超初期症状の一つとして知られています。アメリカではインプランテーションディップと妊娠の関係性について研究がされており、着床時期にインプランテーションディップが発生した場合は妊娠している割合が高いという事がわかっています。最近では日本での認知度も高まり、妊娠を目指している間の人でも有名になりつつあります。

しかし、インプランテーションディップは全ての人に起こるわけではありません。全体のおよそ1~2割程度です。ですので着床時期にインプランテーションディップがないからと言って妊娠していないという事ではありません。

カズヤ先生

産婦人科

通常時でも排卵日直前に体温が下がる兆候が認められることがあります。

(妊娠超初期症状については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠超初期症状の17の特徴!妊娠の兆候はいつから現れる? | AKANBO[あかんぼ]
妊娠超初期症状のチェック項目30!あなたの妊娠の可能性は!? | AKANBO[あかんぼ]

関連する記事