生理が月2回来た…病気?原因と対策は?続くと不妊症に?体験談あり

【医師監修】「生理不順でなかなか生理周期が安定しない」「月2回も生理がきた」なんてことありませんか?生理が月2回以上くるのは頻発月経と言われる月経異常の可能性があります。生理周期が短いと子宮の異常や病気が心配ですよね。今回は頻発月経の原因と対策を紹介します。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 生理が月2回以上くる頻発月経って?
  2. 頻発月経の症状
  3. 生理が月2回くる原因は?
  4. 生理が月2回以上くる場合の対策
  5. 生理が月2回以上くる状態が続くと不妊症になることも
  6. 生理が月2回きたときは病院に行った方がいいの?
  7. 病院での治療法
  8. 生理が月2回以上きたら放置せずにきちんと対処しよう

子宮に異常がある可能性

子宮異常が原因で不正出血している可能性もあります(※3)。子宮頸がんや子宮筋腫から不正出血することも少なくありません。子宮の摘出などで妊娠自体が不可能になるだけでなく、命の危険もあります。出血が多い場合や、いつまでもダラダラと続く場合は病院で相談するようにしましょう。

子宮異常ではありませんが、閉経がはじまっている可能性もあります。閉経がはじまると女性ホルモンのバランスが崩れ体調が悪くなったり、精神的な疲れが取れにくくなったりとPMSに似た症状が出ます。病院で治療することも可能ですので、あまりに体調の悪い時は受診してみましょう。

月2回以上の生理は無排卵の可能性も

黄体期が短いことが原因で無排卵になることもあります。黄体期は子宮内膜が柔らかくなり、受精卵が着床しやすい期間です。黄体期が短いと、受精卵が発育する際に必要な黄体ホルモンが少なくなるため、無排卵しか作られなくなります。

無排卵では妊娠することができませんし、また子宮内膜が薄いと着床しにくくなります。不妊の原因となりますので病院で相談してくださいね。

増田陽子

内科医/救急医 

自分が無排卵かどうかは正式な検査をしなければ実際には分かりません。なのでおかしいなと思ったら病院へ行きましょう。

月2回以上の生理で不妊症になることも

生理周期が短いと卵子が成熟しにくく、無排卵になる可能性が高まります。慢性化すると自力で成熟した卵子が作れなくなり、不妊症になってしまいます。基礎体温をつけ、子宮膜が厚くなっているか、無排卵かどうかの確認をしましょう。基礎体温は健康状態の判断にも役立ちますよ。

生理が月2回きたときは病院に行った方がいいの?

生理周期が短い場合は不妊症の原因となるだけでなく、子宮異常の可能性も考慮しなければなりません。特に不正出血がある場合は命の危険もあります。一時的なものであっても放置せずに、きちんと病院で確認をしてくださいね。

月2回以上の生理がきたら病院で診断を

環境や悪い生活習慣が体に与えるストレスが原因でホルモンバランスは簡単に崩れます。一時的なものと考え対策をせずにいると、子宮異常になることも少なくありません。特に、生理と間違えやすい不正出血は子宮頸がんや子宮筋腫の可能性もあり、命の危険にもつながります。不正出血したら、きちんと病院に行って治療してもらいましょう。

関連する記事