子供の結膜炎の症状は?原因・治療法、うつる・うつらない種類の見分け方も!

子供の目が結膜炎で真っ赤になると、うつるのではと焦ってしまいます。結膜炎の症状、原因、治療法、うつる・うつらない種類の見分け方、病院の目安、家庭での対処法のほか、幼稚園・保育園・学校は行ける?プールはNG?といった疑問についても説明します。参考にしてください。

目次

  1. 子供の結膜炎の症状・原因は?充血・目やになど
  2. 子供の結膜炎の治療法!目薬など
  3. 子供の結膜炎でうつる・うつらない種類の見分け方
  4. 子供の結膜炎で病院に行くべき目安
  5. 子供が結膜炎にかかった際の家での対処法
  6. 結膜炎で幼稚園・保育園・学校は行ける?プールはNG?
  7. 子供の結膜炎について知っておこう

子供の結膜炎の症状・原因は?充血・目やになど

子供の目が真っ赤になって病院に駆け込んだ時に、結膜炎という診断を受けたことがあるかもしれません。子供の目が真っ赤に充血してしまったり、目やにだらけになってしまうと、驚いてしまいます。そんな結膜炎には特徴的な症状といくつかの原因があります。

(赤ちゃんの鼻血については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの鼻血は大丈夫?新生児だと危険?原因・止め方や受診すべき目安など解説!

結膜炎の症状

結膜炎の症状は、まぶたと眼球を結ぶ場所にある結膜の血管が充血し、目が赤くなったように見えます(※1)。ほかにかゆみが出て、涙や目やにが多くなる場合もあります。また、目に異物感を感じる場合や、ぶつぶつができる場合もあります。

充血や目やになどの軽い症状だけの場合もあれば、重くなって体全体に症状が出る場合もあります。

(赤ちゃんが寝苦しそうな理由については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんが寝苦しそうな理由は病気かも?うなる時の対処法や受診する目安も

結膜炎の原因

結膜炎の原因は大きく分けると、アレルギーと感染の2種類です(※1)。アレルギー性の結膜炎の原因は、ダニやハウスダスト、スギ、ヒノキなどのアレルギー物質です。

感染性の結膜炎は、さらにウイルス性と細菌性に分かれます。ウイルス性の結膜炎は、アデノウイルスやエンテロウイルスなどが原因となって起こります。ウイルスが原因の場合、人に感染しやすく、両目に症状が起こるのが特徴です。

細菌性の結膜炎はブドウ球菌や肺炎球菌などの細菌が原因となって、発症します。ウイルス性結膜炎とは異なり、細菌性の結膜炎は片目だけに症状が出やすいのが特徴です。


(赤ちゃん・乳児が口内炎については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・乳児が口内炎になる原因は?病院で治療すべき症状、予防法を紹介!

子供の結膜炎の治療法!目薬など

子供が結膜炎にかかってしまった場合、アレルギー性か、細菌・ウイルスなどの感染性かで治療法は異なります。

(猫と赤ちゃんとの相性については以下の記事も参考にしてみてください)

猫と赤ちゃんは相性が悪い?アレルギーになる?5つの注意点!体験談も

アレルギー性結膜炎の場合

アレルギー性の結膜炎の場合は、アレルギー物質に体が反応してしまうために目が充血します。目のかゆみや鼻水などの症状を伴う場合もあるでしょう。

治療は、抗アレルギー成分が含まれた目薬を点眼して症状を抑えるのが基本です。アレルギー成分の含まれているものに接触しないことも大事でしょう。

ただし、症状が重度の場合にはステロイド成分や免疫抑制成分の含まれた目薬を使用する場合もあります。

(赤ちゃん・新生児と犬との暮らしについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・新生児は犬と一緒に暮らせる?アレルギーの影響など注意点を紹介!

ウイルス性結膜炎の場合

ウイルス性結膜炎の場合、ウイルスをなくすことができる治療法はありません。このため、ウイルス性結膜炎にかかった場合、基本的な治療は、症状がより悪化しないように防ぐことしかできません。症状の悪化防止目的で、抗生剤やステロイド成分の含まれる目薬が処方される場合はあるでしょう。

目薬などで不快な症状を抑える処置をしながら、治癒(ちゆ)するのを待つことになります。

細菌性結膜炎の場合

関連する記事