高温期4日目に体温が下がる?下腹部痛は着床と関係が?体験談あり!

【医師監修】高温期4日目で下腹部痛が感じられた場合、それは着床と何か関係があるのでしょうか?また、基礎体温に変化がある場合にはどのようなことが考えられるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、高温期4日目のさまざまな変化を体験談をもとに紹介していきます。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 高温期4日目とはどの時期を指す?
  2. 高温期での変化
  3. 妊娠はいつから始まる?
  4. 高温期4日目に体温が下がるのはなぜ?
  5. 高温期4日目に体温が上がるのはなぜ?
  6. 高温期4日目に下腹部痛!着床の兆候?
  7. 高温期4日目の腰痛の原因とは?
  8. 高温期4日目にしておくべきこと
  9. 高温期4日目もいつも通りに

高温期4日目とはどの時期を指す?

高温期の始まりは排卵が0日として、翌日からが高温期としてカウントされます。もし、仮に翌日の体温が上がっていない場合でも排卵していれば高温期となるのです。今回は、排卵から4日目経った高温期4日目の状態について紹介します。まずは妊活の基本となる高温期の流れと受精卵の様子について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

高温期での変化

生理周期は大まかに4つの期間に分けられます。その分類は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期とされ、毎月この流れを繰り返しています。高温期にあたるのは黄体期です。黄体期の呼び名は「黄体ホルモン」から由来しています。黄体ホルモンは脳下垂体前葉より分泌されます。また、体温が上がる作用があり、妊娠するためのサポートや妊娠の維持に役立つのです。

高温期では排卵後に受精した受精卵が子宮内膜に着床すれば妊娠成立となり、生理がこなくなります。しかし、着床できなかった場合は、生理の出血と共に流れ出ます。受精卵は目で見て分かる程の大きさではないため、生理の出血の中から見つけることはできません。

高温期4日目の受精卵はどうなっている?

排卵のあとに精子と受精した受精卵は、卵管から子宮内に向かって移動します。その最中では細胞分裂を繰り返し、高温期4日目には「桑実胚(そうじつはい)」まで成長が進みます。桑実胚とは、着床する際の「胚盤胞」の一段階前の状態で、分裂過程で初めて「胚」が付く受精卵です。

カズヤ先生

産婦人科医

体外受精の場合は多くは5日目胚盤胞といって受精後5日目の受精卵を子宮内に返します。 最も着床確率が高く、受精卵も良い状態と考えられています。 受精卵の成長具合によって症例によっては3日目や4日目になることもあります。

妊娠はいつから始まる?

妊娠は子宮内膜に受精卵が着床した時から始まります。高温期4日目だと、受精卵はまだ卵管から子宮に向かって進んでいる段階であり、着床まではもう少しかかるでしょう。一般的には、着床時期は高温期7~10日くらいが目安とされています。

妊娠を自覚し始めるのは、生理が予定日になってもこないという場合が多いです。妊活をしている人はもっと早くから気付くこともあるでしょう。受精卵が着床すると妊娠ホルモンが分泌を始め、普段の高温期よりも基礎体温が上がります。また、腰痛や下腹部痛を感じたり、つわりなどの症状が発生します。このような症状で「妊娠した」と感じる妊活女性が多いです。

(妊娠するまで流れについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠の流れを図解!排卵から受精、着床、妊娠までの各日数は?

高温期4日目に体温が下がるのはなぜ?

「高温期に入って間もないはずなのに、体温が下がる」という経験をしたことはありませんか?なぜ高温期4日目に体温が下がるのでしょう?ここでは体温が下がる場合に考えられる原因やその対処方法について紹介します。

インプランテーションディップ?

女性(妊活経験有)

30代

自分が思っていた高温期4日目が実は8日目あたりでした(笑) そして、その時下がったのがインプラテーションディップでした。 でも検査薬もなかなか濃くならず、もしかしたら本当に4日目だったのかな?っと今は思います。

十人十色、受精卵もそれぞれなので4日目にインプラテーションディップという可能性もゼロではないかなっと思います。

「高温期の途中で体温が下がる」とネットで検索すると「インプランテーションディップ」という言葉が多く出ます。インプランテーションディップは体内のホルモンの産生が急増する影響で起きると言われています。

体温が下がる場合には、インプランテーションディップ現象が起きていると多くの人は考えるでしょう。しかし、この現象が起きると言われる時期は着床期です。高温期7日目以降に発生するため、高温期4日目に体温が下がる場合には当てはまりません。

(インプランテーションディップについては以下の記事も参考にしてみてください)

高温期の体温が下がる理由とは?妊娠兆候?インプランテーションディップって?

関連する記事