おりものが黒い原因と対策!病気の可能性も?生理前に出たら要注意!

【医師監修】女性の身体のバロメーターであるおりものが黒い時は、婦人科系の病気の可能性があります。生理がこない時も含め日頃からおりものの量や臭い、状態、色、黒い点があるかなど、よく見ておくことで変化に気づき、身体の不調サインに即座に対応できます。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. おりものが黒いって、どういうこと?
  2. おりものとは?おりものの大切な役割
  3. おりものと身体の周期
  4. 年齢によるおりものの変化
  5. 生理がこない時のおりものの変化
  6. おりものが黒い、黒い点が混ざるのは病気?原因は?
  7. 生理前の黒いおりもの・黒い点は要注意
  8. 黒いおりものが続く時の対策
  9. 変化を見逃さず、黒いおりものが続くなら医師へ相談を

おりものが黒いって、どういうこと?

女性の身体のバロメーターであるおりもの。状態や臭い、色によって身体が今どんな状態なのか教えてくれますよね。特に黒いおりものが継続的に出るような場合は注意が必要です。このページでは最初におりものとは一体何なのか、その役割をお伝えします。そしてもし黒いおりものが出たら、何が原因でどのような対処方法があるのか考えていきましょう。

(おりものの色については以下の記事も参考にしてみてください)

おりものがピンク色になる要因と対処法!生理前後だと病気の可能性も?
生理前のおりもの!におい・色・量の特徴は?あなたの状態は正常?妊娠初期との違いも

おりものとは?おりものの大切な役割

おりものとは身体の中から「おりてくるもの」で、無色透明か白っぽく粘り気のある液体です。具体的には子宮内膜や子宮頸管、膣壁、皮膚線や汗腺からの分泌物。子宮や膣からはがれた古い細胞が集まった粘液の混じり合ったものです。妊娠によっておりものは変化するので、生理がこない場合におりものの変化が妊娠の参考になります。

おりものは女性には誰でもあるもので、身体の変化や体調を教えてくれる大切な役割を持っているのです。(※1)

細菌を洗い流し子宮や卵巣、膣内を綺麗に保つ

膣内をおりもので潤すことで、大腸菌やブドウ球菌、カンジダ真菌などの細菌の侵入を防ぎます。またおりものは膣内での繁殖を抑え、綺麗に保つ自浄作用もあるのですよ。おりもののおかげで膣内は弱酸性に保たれています。

受精の手助けをする

膣内がおりもので満たされると、性行為の際におりものが潤滑油の役割を果たしてくれます。また、おりものが精子を包み込み子宮までたどり着く手助けもしてくれるのです。これにより受精の確率は上がります。排卵日が近くなるとおりものが増えるのはそのためです。

(受精については以下の記事も参考にしてみてください)

増田陽子

内科医

オリモノの量は個人差があります。なので、異臭を放ったり、オリモノの為に一日に何回も下着を変えるというような方誰が見ても異常を感じるもの以外は、当てはまらないからと言って、あまり心配しすぎることはありません。

受精から着床までの期間について!受精日はいつ?自覚症状はある?

おりものと身体の周期

おりものも生理と同じように女性ホルモンの影響を受けています。周期によって状態や量、臭いに変化が生じるのです。おりものの周期と変化を知っておけば、生理や排卵日を把握しやすくなります。

生理前のおりものは量が多く臭いも強くなります。色は白っぽく粘性があるのが特徴です。生理が終わるとおりものの分泌量は一気に減りさらっとしていきますが、経血と混じって茶色っぽくなる場合もあります。もっとも量が多くなるのは、排卵期の2〜3日です。とろっとして透明で水っぽく、臭いはあまりありません。

(排卵日のおりものについては以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日はおりもので特定!量や粘り気に特徴が?排卵日前後の変化は?

関連する記事