生理痛の腰痛がひどい!原因と対処法は?生活習慣の改善で予防も!

【医師監修】生理痛の腰痛は女性特有の悩みです。人によって症状はさまざまですが、ここでは生理になると腰が重いと感じたりつらい腰痛になったりする原因とその対処法をご説明します。また生活習慣を改善して生理痛の腰痛の緩和や予防をする方法もご紹介しましょう。

専門家監修 | 内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 生理痛ってどんな症状?
  2. 生理痛の腰痛の原因は?
  3. 月経前症候群(PMS)による腰痛とは?
  4. 生理痛の腰痛を緩和する対処法は?
  5. 生理痛の腰痛に効くツボのマッサージ
  6. 生理痛の腰痛におすすめのストレッチマッサージ
  7. 生理痛の腰痛は生活習慣で予防しよう
  8. 生理痛のひどい腰痛は受診しよう
  9. 生理中も快適に過ごそう

生理痛ってどんな症状?

生理痛の症状は人によってさまざまです。一般的に頭痛や腹痛や下腹部痛が挙げられますが腰痛で悩まされている女性も多くいます。さらに腰が重たいようなだるい感じやめまいや吐き気など、生理になると薬に頼りたくなるほどつらくてひどい症状が見られる方もいるでしょう。(※1)

生理痛の腰痛の原因は?

生理前や生理中に腰痛やだるく重い腰の症状に悩まされる原因はいくつかあります。ここで腰痛の原因について詳しくご説明しましょう。

生理痛の腰痛の原因【リラキシン】

「リラキシン」は卵巣や子宮や胎盤から分泌されるホルモンで生理前と妊娠3カ月から産後2~3日に活発に分泌されます。

関節を緩和させる働きがあり、生理前に分泌されることで関節を支えている靭帯が緩み骨盤が開いて経血が体外に出やすくなります。緩んだ骨盤や靭帯を支えるため周りの筋肉や関節に負担がかかり不安定になることが腰痛の原因となっているのです。

生理痛の腰痛の原因【プロスタグランジン】

「プロスタグランジン」は体のさまざまな機能に関わっているホルモンで生理痛にも結びついています。生理は子宮内膜が剝がれ落ち血液とともに経血として体外に排出される現象です。そして子宮を収縮させるために分泌されるのがプロスタグランジンで、不要になった子宮内膜が剝がれやすくなります。

プロスタグランジンは生理活性物質と呼ばれ体中に存在している物質です。生理によって過剰にプロスタグランジンが分泌されることで腰痛の症状が現れるようになります。(※2)

増田 陽子

内科医

プロスタグランジンは様々な働きをしているのですが、その中の1つに、痛みの伝達プロセスに関与する働きもしています。そのため、プロスタグランジンが増えるほど痛みが酷くなってしまいます。

生理痛の腰痛の原因【血行不良】

生理中に体が冷えると血行不良になり腰痛につながります。生理中は血液が子宮内に集中するため全身が血行不良の状態になっているのです。そこに冷えやストレスが加わると子宮の機能が低下してつらい生理痛の腰痛の原因になります。

生理痛の腰痛の原因【骨盤のゆがみ】

骨盤のゆがみは生理痛の腰痛の原因の一つです。骨盤のゆがみは生活習慣でも起こり姿勢が悪くなる要因になります。また血行不良を引き起こして子宮まで冷えやすい状況になりかねません。冷えた子宮はダメージを受けやすく生理痛の腰痛だけでなく月経前症候群(PMS)などの症状も悪化させます。

生理痛の腰痛の原因【骨盤内のうっ血】

関連する記事