赤ちゃんが笑う理由は?よく笑う子に育てるには?笑いがないと自閉症?

赤ちゃんが声を出して笑う時期や【1か月】【3か月】など、月齢別の笑いの種類。月齢別の赤ちゃんの笑わせ方なども紹介します。よく笑う子供に育てる方法や、よく笑う赤ちゃんを育てる環境のほか「しゃっくりが出るけど大丈夫?」「笑わない子供は、発達障害なの?」など、ママの疑問にもお答えしていきます。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 赤ちゃんが声を出して笑うのはいつごろから?
  2. 月齢別!赤ちゃんの笑いの種類【1か月】
  3. 月齢別!赤ちゃんの笑いの種類【3か月】
  4. 月齢別!赤ちゃんの笑わせ方
  5. ママが体験!赤ちゃんが笑う瞬間
  6. どうしたらよく笑う子に育つの?
  7. よく笑う赤ちゃんが育つ環境4選
  8. 笑うとしゃっくりが出る!大丈夫?
  9. 赤ちゃんが笑わない…発達障害?
  10. よく笑う赤ちゃんと笑わない赤ちゃんの違い
  11. 赤ちゃんがよく笑うのは個性や性格も関係する!

赤ちゃんが声を出して笑うのはいつごろから?

赤ちゃんが笑っていると、育児の忙しさなど忘れて笑顔に見入ってしまいますよね。それでは、赤ちゃんが声を出して笑うのはいつからなのでしょうか。

笑い声を聞けるのは意外と遅い?

赤ちゃんが笑う時に声を出すようになるのは、早い子でも生後5~6か月といわれています。この時点では赤ちゃんの視覚はそれほど発達していません。赤ちゃんは何かを見て笑うのではなく、耳や肌から伝わる刺激に反応して声が出るようになります。ママが笑う声やしゃべる声を聞いたり、体をさすってあげると、赤ちゃんが笑い声を聞かせてくれるかもしれませんね。

(赤ちゃんがいつから笑うかについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・新生児の笑顔の発達はいつから?笑う理由って何?

月齢別!赤ちゃんの笑いの種類【1か月】

赤ちゃんの笑みは、生まれてすぐに始まります。新生児期から生後1か月にかけてよく見られる微笑みを「生理的微笑」といいます。笑顔でたくさんコミュニケーションをとることで、赤ちゃんがパパママのしゃべる声を聞き安心するでしょう。いつからか赤ちゃんも笑顔を覚えますので、笑顔の教え方の種をまいておくと良いでしょう。

本能で笑う生理的微笑とは?

口角を上げて微笑む生理的微笑は、新生児特有でかわいいですよね。しかし、新生児は「食べる(飲む)」「寝る」「排泄」など生きるために必要な行動しかできません。つまり、新生児は自分の意思で笑みを浮かべているわけではないのです。

新生児の時期に生理的微笑を浮かべる理由は楽しいからではなく、周囲の攻撃性を緩和し、自分への攻撃を防ぐため自己防衛本能として笑みを浮かべると考えられています。ではいつから笑顔を見せてくれるようになるのでしょうか。

(新生児の特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

【生後1ヶ月】赤ちゃんの特徴や発育目安、育児の注意点!体験談あり

月齢別!赤ちゃんの笑いの種類【3か月】

生理的微笑の時期を過ぎると、いつからか赤ちゃんの笑いは「社会的微笑」に変わります。社会的微笑を始める時期は赤ちゃんの発達によって違いますが、生後3か月以降というのが一般的です。パパママが笑顔でしゃべることで、たくさんコミュニケーションをとりましょう。

自分の意志で笑う「社会的微笑」

これまでは本能的に笑みを浮かべていたのが、赤ちゃんの意思によって笑うのが社会的微笑です。赤ちゃんの視覚は生後2か月から3か月ごろに、物の輪郭や色を認識するようになります。この頃になると、ママやおもちゃを目で追うことができるようになる子も多いでしょう。赤ちゃんの好みや性格によっては、いつからか童謡やピアノなど音楽で笑顔を見せてくれる子もいます。

この時期の教え方は、赤ちゃんはママやパパの笑顔をぼんやり感じて自分の意思で笑う方法です。その後の赤ちゃんは声を出して笑うようになり、感情表現ができるように成長します。

(生後2ヶ月ごろの発達については以下の記事も参考にしてみてください)

【生後2ヶ月】赤ちゃんの特徴や発育目安は?育児のポイントや注意点も!

月齢別!赤ちゃんの笑わせ方

関連する記事