【医師監修】高温期なのに生理?高温期に出血する原因や妊娠の可能性について

妊娠したい!と思う女性にとって毎月必要な生理。生理が始まることで排卵も起こります。そのために必要不可欠な基礎体温測定ですが、高温期と低温期あり、この高温期に出血した場合の原因や妊娠の可能性についてお悩みの方にご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 女性に必要な生理について知らないことも多い!?
  2. 要注意!高温期なのに生理!
  3. そもそも基礎体温って?
  4. 基礎体温の高温期と低温期について
  5. 生理が起こるには女性ホルモンが必要!?
  6. 高温期に起こる身体の変化について
  7. 高温期に原因不明の出血!?もしかして妊娠?
  8. どれくらいの高温期の日数で妊娠の可能性があるの?
  9. 生理と間違えやすい出血
  10. 身体のSOSサインは基礎体温をつけよう!

妊娠初期の生理のような出血でも心配いらないもの

生理予定日を過ぎて1週間以上生理がこない場合は、妊娠している可能性が高くなります。生理予定日を過ぎた場合の出血は、その出血量が生理2日目の量かどうかで判断してみましょう。もし同じような出血量である場合は医療機関に受診をおすすめします。

だだし少量の出血(500円玉程)の場合は以下に挙げられる出血です。この場合は様子を見て、それでも心配であれば産婦人科へ相談してください。

●着床出血、月経用出血
●絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)
●子宮膣部びらん
●子宮頸管ポリープ

妊娠初期の出血で危険なもの

出血時に激しくお腹の痛みがある、激しくお腹が張るなど、出血以外に症状がある場合は危険な出血であることが多いです。迷わず産婦人科に受診してください。出血と痛みがあるのは以下のような病気が潜んでいることあります。(※6)

●切迫流産、流産
●早期流産
●異所性妊娠、子宮外妊娠

(妊娠初期の出血については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の出血まとめ!原因と対処法!危険なものは?流産の可能性も?
妊娠初期の流産の症状と原因は?出血量や基礎体温に兆候がみられる?

妊娠継続中に生理がくることはない

妊娠が成立すると生理は来ません。妊娠中に生理や出血する場合は、産婦人科を受診しましょう。

生理以外の出血は危険な病気が潜んでいる場合も

大量に出血したりおりものに血が混ざっていたりする場合は「不正出血」と呼ばれるもので、子宮や膣などに病気が潜んでいる場合があります。

身体のSOSサインは基礎体温をつけよう!

様々な出血についてご紹介してきましたが、これらの症状は個人差がありすべての方にこのような症状が必ず現れるというわけではありません。参考としてお考えください。まずは自己判断はせず不正出血が起きた場合には、悩まずに医療機関に相談しましょう。

関連する記事