子作りの最適な頻度とは?一般的なセックスの回数や妊娠確率は?

【医師監修】妊活の基本とも言えるセックス。子作り目的となるとわからないことばかりで周りにも聞きにくいですよね。どれくらいの頻度で、どのタイミングで子作りすれば、妊娠の確率が高くなるのでしょうか。妊娠確率、子作りのための理想的なセックスの頻度と回数についてご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 子作りにおいて重要なのは?頻度は?
  2. 子作りに必要不可欠な精子と卵子
  3. 子作りのカギは精子と卵子の質
  4. 子作りにおいてタイミングは最重要
  5. 子作りのためのセックスと頻度
  6. 子作りの成功とメンタルの意外な関係
  7. 子作りは二人三脚
子作りのタイミングは?いつからがベスト?妊娠しやすい時期は?

自宅で出来る排卵日の予測方法

排卵日を予測する方法は色々あります。自宅で出来る、一番ベーシックな方法は、毎日基礎体温を測ってグラフをつけることです。市販されている排卵検査薬も合わせて使いましょう。さらに正確な排卵日を知ることができます。

(排卵検査薬について、詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください)

排卵検査薬で妊娠しやすいタイミングを知ろう!いつから使う?陽性が出たら?
排卵日検査薬!通販で購入可能なおすすめ7選!使い方や値段比較

より確実な予測は病院で調べてもらいましょう

正確に排卵日を知りたい場合、病院の検査結果から排卵日を特定してもらうと確実です。その場合、産婦人科や不妊治療専門のクリニックを受診するようにしましょう。病院で行われる検査方法は、超音波検査、血液検査、尿検査、おりもの検査などがあります。保険適用になれば2000円ほどの費用で排卵日を特定してくれますよ。

子作りのためのセックスと頻度

セックスは子作りに欠かせない行為です。新婚カップルのようにセックスに積極的で、セックスの頻度が高ければ妊娠に繋がる確率は高いでしょう。

しかし新婚であってもなくても、仕事の都合や体調によってはセックスの回数が減ることもありますよね。子作りをめざしたセックスを意識すれば、無理のない頻度で妊娠の確率を上げる事が可能になるでしょう。

妊活中のカップルのセックス頻度はどれくらい?

女性(妊活中)

37

約2~3日連続するよう心懸けました。ちょっと経ってから、不妊治療専門のクリニックで治療を受けましたが、お医者さんからの指示も排卵日近辺に2~3回性交渉をもつようにと言われました。

女性(妊活中)

33

精子が卵管で3日ほど生き延びれるとのアドバイスを受け、排卵日前後に、3日おきにセックスしていました。

妊活中でも毎日セックスをしているカップルはごく一部です。共働きのカップルだと、仕事疲れや誘うタイミングを逃してしまったりすることもあるでしょう。

そんな場合は、雰囲気維持のためにもパートナーに相談しましょう。週1回は仲良し時間を設けるようにするのもひとつの方法です。子作りがいつの間にか義務的な触れ合いになって、夫婦仲が冷えてしまうのは避けたいですね。

子作りのためには、禁欲するよりセックスの頻度が大事

Q. 毎日セックスをすると精液が薄まるので、禁欲で精液中の精子濃度が高くなると聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

A. 毎日性交することで精液が薄れていくことを気に掛ける方がおられますが、心配ありません。最近では、禁欲することで妊娠の確率を上げる効果はないことが分かってきました。

関連する記事